東洋医学と鍼灸

こんばんは!
鍼灸は東洋医学の一つです。
簡単に東洋医学と鍼灸についてお話します(^o^)

皆さんは東洋医学と聞いて何を思い浮かびますか?
鍼灸や漢方などを思い浮かべる方が多いと思います。
もちろん鍼灸や漢方は東洋医学に含まれ、
他にインド発祥のアーユルヴェーダーや太極拳などがあります。
 
東洋医学は伝統医学です。
その歴史、
なんと2000年以上!!
経穴(ツボ)や経絡(ツボが通っている道)を刺激して不思議と楽になったりするのは
知識・技術が伝統された賜物なのです。
 
東洋医学は西洋医学と違い、病気ではなく“病人”を診ます。
病人の自然治癒力を高める治療をするので副作用がほぼありません。
 
西洋医学でしか治療が出来ない病気は数多くあります。
もし東洋医学で治療できるのなら東洋医学に頼ってみると良いと思います。
 
鍼灸治療は即効性があります。
鍼で刺激を与えることで、凝りや痛みの軽減・消失が望めます。
凝りや痛みのある方、関節の動きが悪い方にはオススメです。
 
私が学生時代に、勉強した知識から鍼を刺して初めて効果を実感した時に
『なんで効くの!?』
と、ただ勉強したことを実践しただけなのに不思議に感じました。
 
そんな鍼灸治療で身体のケアをしてみませんか?
きっと身体が楽になるはずです(^^♪