ツボとは

こんばんは!
今日は“ツボ(経穴)”の話をします。
ツボって具体的にどんな物かご存知ですか?

 
ツボの多くは筋肉と筋肉の境目にあります。
皮膚を指でなぞって指が止まる部分や、
軽い刺激でも響くような感覚があるところはツボの可能性があります。
 
そんなツボは、簡単に言うと臓腑(臓器)の不調が現れる反応点です。
臓腑と関わりのある経絡(ツボの流れ)に信号が伝わり、
その経絡にあるツボに反応が出ます。
反応としては皮膚がカサカサしたり、変色したりします。
その反応が出たツボを中心に鍼や灸をすることで、
“気”や“血”の流れが促され不調が改善されていきます。
 
WHOの基準では、ツボは全身に361個あるとされています。
私は学生の時、お経を唱えるかのように勉強し全て覚えました!
今では忘れてしまったものもありますが・・・(笑)
でも、治療で使うツボって限られているので大丈夫なんです☆
 
現在では、WHO(世界保健機関)でツボの名称と位置が定められています。
つまり、世界でツボには効果があると認められているんです。
書店に行くとツボの本がたくさんありますので、
もっと知りたい方は読んでみることをオススメします♪
押すだけで効果を実感出来るものがありますので楽しいですよ(^o^)/