カウンセリングを徹底することのメリットとデメリット

ご覧いただきありがとうございます!
The Sense【卓越の鍼灸師】
鍼灸院の経営安定化を担当します森屋です。

今回で6回目の配信になります。
前回まではカウンセリングをする際の3つのポイント、
患者さんが自ら通う決心をさせる3つのテクニックをお話しました。

このようにカウンセリングについてお話しているので、
リピート率(治療院経営安定化)の向上につながりやすくなり、
患者様とのラポール形成もしやすくなりメリットだらけです。

しかしデメリットも少なからずあります。
メリットとデメリットを理解すれば、
より良いカウンセリングができるはずです。
今回は、カウンセリングを徹底することのメリットとデメリットを紹介します。

デメリット

まずは先にデメリットからお話します。

・反復練習が必要です
治療技術も何でもそうですが反復練習が必要です。
ぎこちないカウンセリングであると、
患者様に不安を与えてしまう可能性があります。

・時間を要する可能性があります
時間をかければ良いということではありません。
しかし、しっかりカウンセリングをするとなると、
最低でも20分は要すると思います。
なので順序やカウンセリングシートの作成が必要です。

・心理学やコミュニケーションスキルが必要です
例えば患者様に圧迫感を与えないように、
患者様に対して20度もしくは90度の角度をつけたり、
患者様の思いを瞬時に察したり導き出す必要があります。
そのために勉強は必須となります。

メリット

カウンセリングはメリットばかりです。

・リピート率の向上
今回のテーマである
治療院経営安定化のためのリピート率。
それを間違いなく向上させてくれます。

・ラポール形成
信頼関係を構築するのには時間を要する。
そのように思ってる先生もいるかもしれませんが、
しっかりカウンセリングをすれば、
その時点で信頼を得られます。

・患者様に自身の症状を理解させられる
症状だけでなく、
あなたが深いところにある本当の悩みを導きだせれば、
患者様はホームケアなどにもしっかりするようになります。
また、患者様はそういった情報を求めています。

・患者様もあなたの話を聞く姿勢である
前回お話したテクニックであるワンクッションを使えば、
あなたが話をずっと聞いていてくれたからこそ、
次はあなたの話を聞いてくれるようになります。

・独自性をアピールできる
あなたの治療院オリジナルのカウンセリングをして、
それで救われる患者様が増えれば、
それは独自性としてアピールしてもいいと思います。

・改善が見込めやすくなる
リピートしてもらえるようになるので、
症状の改善が見込める可能性が高まります。
信頼されお客様の声や口コミなどを集めやすくもなります。

良いことばかりですよね?
導入しないと損をしてしまいそうではないですか?

確実に結果を出したいあなたへ

ご覧になってみていかがでしたか?
最初に述べたようにカウンセリングは
メリットばかりだとお分かりいただけたのではないでしょうか?

私の患者様が何回か治療を受けて、
「先生の初回のカウンセリングで、
これから本気で治療を受けて良くしようと決心できました」

とお話してくれました。

あなたはカウンセリングで、
そのような決心をさせるカウンセリングができていますか?
それが出来ていれば、
リピート率が低いなんてことはないかなと思います。

カウンセリングは、
ラポール形成や治療院経営安定化に欠かせない、
とても大切なことであると私は思います。

そこで、しっかりカウンセリングをしようとお考えのあなたに、
確実に結果が出るようにするためのご案内を次回させていただきます。
それでは、また明日の21時に配信しますのでお待ちくださいね。
ご覧いただきありがとうございました。

The Sense【卓越の鍼灸師】
鍼灸院の経営安定化担当 森屋諒

バックナンバー

第1回 回数券の購入などリピート率を高める方法
第2回 売上げを上げるのに知っておくべきこと
第3回 リピートさせるのに最も効果的な方法
第4回 カウンセリングをする際の3つのポイント
第5回 患者さんが自ら通う決心をさせる3つのテクニック

過去のセミナー開催風景

13932152_1023840881026391_1224335564_o
13918623_1023840707693075_2062277719_o
写真 2016-08-07 22 07 27

講師について

森屋諒(もりやりょう)
昭和63年4月18日 千葉県千葉市生まれ

平成19年
東京スポーツ・レクリエーション専門学校
スポーツトレーナー科と鍼灸科に同時入学をする。
平成21年
スポーツトレーナー科を卒業。
東京の青山にある鍼灸院で勤務をする。
平成22年
鍼灸科を卒業。
千葉県柏市にあるマッサージを中心とした施術院に就職。
平成24年
退職し、千葉県千葉市にある実家の一室で「もりや鍼灸院」を開業する。
平成25年
月の売上20~30万円台を推移する。
平成26年
リピート率の向上に成功し月の売上は2.5倍となる。
平成27年
ネット集客の競合が増加し新規集客が激減する。
月の売上は30~50万円台を推移するようになる。
投資は続けていたので赤字が膨らみ預金残高がほぼゼロになった状況もある。
平成28年
定額課金システムを導入して、3ヶ月で40万円の収入が実費の他に安定して確保できるようになる。
会員数も安定して毎月増加している。